百条委員会の設置決まる

おおさか維新の会の小林由佳議員の政務活動費問題で、堺市議会史上初めて調査委員会を立ち上げる事になりました。小林議員は、監査委員会からの返還命令に従い、政務活動費の一部を返還しましたが、残りの約600万円ほどについては意義申し立てを行なうとしています。いずれにせよ、チラシが印刷されていなかった事とポスティングを行なっていなかった事は業者自身が認めていますが、そもそも、この業者は印刷業者でもポスティング専門業者でもありません。当時、小林議員の秘書であった黒瀬議員が、なぜそのような業者に仕事を依頼したのかも疑問ですが、印刷もポスティングもされていなかったというよりも、元から発注そのものがされていなかったのではないかとの疑惑が浮上しています。もしそうであれば、業者が単独で政務活動費を詐取したということに留まらず、小林議員や黒瀬議員の関与があったのかどうかという問題に発展します。

調査委員会(百条委員会)は、強制力を持つ委員会ですので、この委員会を通じ私自身も調査委員として真相究明に取り組んでまいります。そんなわけで、来年は議会以外の仕事でもバタバタと追われる事になりそうですが、任務を果たすため頑張ります。ちなみに、12月25日の第一回目の調査委員会では、委員長に田渕委員(公明党)を、副委員長に小渕委員(それいゆ堺)を選出しました。第二回目の委員会は2016年1月12日午後3時より開催されます。傍聴もできますが、インターネットでも見る事ができますので、今後の委員会の推移にもご注視いただきますようよろしくお願い致します。

では、どなた様も、よいお年をお迎えください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク