新着情報

原池公園に野球場が新しく

中区の原池公園は平成6年から整備に着手、第1期は体育館と駐車場を整備、平成23年にはスケートボードパークと修景池が完成しています。最終の完成予定は平成33年度です。
現在、スケートボードパークは全国大会が開催されるほど人気で関西一円から愛好者が利用しています。

平成31年末に本格的な野球場が完成します。
観戦用のスタンドを完備し、両翼100mで外野は天然芝、最大5000人収容できます。
球場前には観客用のオープンスペースが設けられ、大階段を登って球場に入ります。ナイター設備、放送設備、防球ネットなどを完備するプロ野球公認規格の野球場です。
完成後は、高校野球の夏季予選大会や社会人野球全国大会予選、さらにプロ野球2軍戦などレベルの高い試合を市民が観戦できることになります。
野球場外周の園路は、ウォーキングやジョギングが楽しめるコースに整備。途中2カ所に健康遊具を整備し、多目的グラウンドでは子ども向けの複合遊具と見守るための休憩施設を配置する予定です。
また災害時に大型車両が通行できるように園路を整備し、ヘリポートや防災トイレ用のスペースも確保され防災機能を備えた公園になる予定です。

(文化観光局スポーツ部 提供)

 

カテゴリー: 私の部屋 | コメントする

竹山市政で借金が増えた?

  大阪維新の会は「竹山市長就任後5年間で1000億円の借金が増えている」と(上の表)盛んに言っています。この表だけで判断すると「竹山市政は借金づけでムダ使いばかりしている」と不安に感じてしまいます。
しかし、(中の表)増えたのは臨時財政対策債で約1000億円、その他の借金は横ばいです。このように事実は違います。
橋下・松井両知事時代に「大阪府の借金が増え続けている」という批判に橋下氏が反論するために使用したグラフです。(下の表)橋下氏は「国から押し付けられた借金(臨時財政対策債)でどうしようもない。しかし本来の借金は見事に減っている」と国の借金と分けて説明しています。
また大阪市長選挙に出馬した時橋下氏は「ほとんどの地方自治体は国からの交付金、地方交付税交付金を頼っている。不足分はとりあえず自治体で借金をしてくれ、となった。その自治体が肩代わりした借金の返済分を国が面倒見ていくと…」と「橋下府政で借金が増えた!?バカ言うな!」(某通信)で反論しています。借金の実態は大阪府でもどこの自治体でも同じです。
竹山市政だけが増やしたかのように描く堺維新の議員は元代表のバカ言うなという通信をもう一度読まなければならないようです。もし知っていながらこのような批判をするのであれば悪質というしかありません。

カテゴリー: 私の部屋 | コメントする

「堺市自転車まちづくり条例」について

自転車no 表平成25年7月、神戸地裁で小学5年の自転車にぶつけられ寝たきり状態となった女性が、子供の母親に損害賠償を求めた訴訟で9500万円を支払う命令が出されました。その後も各地で同様の賠償命令が相次ぎ、自転車保険の義務付ける自治体が増えています。
また道路交通法が改正され、酒気帯び運転や通行区分違反、一旦停止違反など「悪質な危険行為」を3年以内に2回以上繰り返した場合、自転車運転者講習の対象になり、従わなかった場合は5万円以下の罰金が発生するなど厳しくなります。
全国では自動車事故が減少傾向の中、自転車事故は逆に増え続けているからです。こうした中で、堺市は「自転車まちづくり条例」を制定し、大阪府でも自転車保険を義務付ける自転車条例がスタートしました。
1 左側を通行する
自転車は決められたところを守り車道の左側を走ること。
歩道では車道寄りを通行し歩行者の安全を優先します。「チリンチリン!」歩行者への自転車のベルも違反行為です。携帯電話操作しながら片手運転や傘スタンドは高さ制限などに違反する可能性が高いので注意が必要です。
2 ヘルメットの着用
堺市では自転車利用者にヘルメット着用を義務付けました。さらに講習を受けた小学生と保護者、65歳以上の高齢者に対しヘルメット購入費の半額(2000円まで)を補助する制度を設けています。これまで受講者は1100人程度ですが、この1年で着用は2・7倍に増えているものの街でヘルメットの着用はまばらであまりみかけません。今後、着用を増やすための努力が求められます。
3 自転車保険の強制加入
三つ目に自転車は車両扱いとなります。自動車やバイクは「保険切れ」のお知らせが来て更新できますが、自転車の場合お知らせが来ず「保険切れ」に気づかない方が大半です。使用している自転車が損害賠償保険に加入しているかを調べ、子ども用自転車についても保護者の責任で加入する必要があります。自家用自動車には、自転車が付帯している場合もありますのでよく調べる必要があります。

堺市は3つのH(左のH、ヘルメットのH、保険のH)スローガンに周知を図っていますが、啓発と併せ自転車の安全講習をさまざまな機会を捉え行うよう要望しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

おでかけ応援バスの毎日利用が実現・・・来年11月より完全実施

mainimg  平成25年7月より、それまでの5と0のつく日利用が平日に拡充され、65歳以上の高齢者のバス利用が便利になり喜ばれています。しかし、土日祝日が利用できないため拡充を望む声が市議会にも寄せられていました。

おでかけ応援カードは阪堺電車も利用できて1日平均1000人が乗車しています。南海と近鉄の路線バスは1日1万9000人が利用し、毎日の利用が待ち望まれています。

car_color 堺市は、路線バスのIC化をすすめ、電車とバスの乗り継ぎをスムーズにする事業をすすめており、平成26年度末(来年3月末)には完了すると答え期待を持たせてきました。

11月議会にはおでかけ応援カードのIC化する補正予算が提案されました。

土日祝日の利用は平成27年11月から完全実施となる予定です。なぜ来年11月なのか聞いてみると、現在「おでかけ応援カード」利用者に来年4月より堺市にICカードを申請していただき、振込用紙を送付。振込が確認された方にICカードを送付するため、その徹底に時間がかかるとのことです。申請にはICカードと郵送代1000円の負担がかかります。

 

一日複数回乗車できて、土日祝日含めていつでも利用できるようになります。ただし年間240日程度の日数制限がされます。

引き続き利用しやすい制度へと拡充を求めてまいります。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リニューアルした堺市博物館が人気です

 堺市博物館に入るとすぐ左手の入口付近に百舌鳥古墳群シアターが開設(写真左下)されています。これは百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録向けて旧府立女子大跡地に建設が予定されているガイダンス施設に先駆けた暫定的な施設で市民に無料で公開されています。
シアターでは「百舌鳥古墳群時空を超えて」(約12分)が大型スクリーンに映し出さIMG_0409れ、CG(コンピューターグラフィック)とVR(バーチャルリアリティ)を駆使した映像は、上空を飛んで眺めているような感覚で、百舌鳥古墳群の雄大さを実感することができます。また築造当時の仁徳天皇陵の場面では、全体がふき石で覆われ、段丘には紅色に彩色された円筒埴輪を並べた姿が再現されて観る人に驚きを与えています。オープン以来毎月1万人以上が訪れる人気スポットになっています。
博物館は古代ゾーンと休憩コーナーをリニューアル、子供でも触って遊べる工夫として体験学習コーナーも設けられ明るい雰囲気になっています。こうした努力により、4月から10月末の間に入館者は9万人を超え、前年に比べ81%も増加しています。ガイダンスのシアター上映とリニューアルが相乗効果を発揮しています。IMG_0423
古代ゾーンは古墳時代に絞って一新、正面には古墳造営の模様を大型パネルで描き、円筒埴輪の実物を並べて展示しています。(写真右)土師器や須恵器は古墳造営との関わりがわかりやすく解説されています。これまで議会で質問し取り上げた提案が反映されています。

 円筒埴輪IMG_0438の模型や仁徳陵古墳から出土した甲冑のレプリカコーナーでは、鎧(よろい)や兜(かぶと)実際に着ることができます。鎧をつけた市民は「こんなに重たいものを着けて当時の兵士が戦闘していたとは」と驚きの表情で語っていました。博物館では今後、近世ゾーンのリニューアルも予定しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「安倍暴走政治許さない!」街頭から訴えました。

安倍暴走政治許さない! 戦争体制づくり即時中止を

IMG_0372 - コピー日米両政府が10月8日に発表したガイドライン(日米防衛協力の指針)再改定協議の「中間報告」は安倍政権が7月に強行した集団的自衛権行使容認の閣議決定を具体化する内容になっています。 これまでの制約を取り払い、米国が戦争を引き起こした際に、自衛隊が「地球の裏側」まで行って支援するもので、自衛隊と米軍が肩を並べて戦争する体制づくりがはっきりと表現されています。

同時に秘密保護法の廃止が急務です。政府は秘密保護法の運用基準と12月施行を閣議決定しました。 政府の示した運用基準の素案に対して、2万件以上の意見が出されましたが政府は本質的には何も応えず国民の声を切り捨てました。 日本弁護士連合会は、「国民の知る権利を侵害する恐れが運用基準や政令でも払拭されていない」として改めて廃止を求めています。imagesCA4ULXER

暴走政治にストップを!

消費税10%、原発再稼働、沖縄米軍基地、社会保障の切り下げ、派遣法改悪等々、安倍政権の暴走政治は、がまんの限界をこえています。反対する世論は益々高まっておりデモや集会などの反対運動も大きなひろがりを見せています。
日本共産党は、それぞれの問題に対して対案を示し一致できるすべてのみなさんとご一緒に運動を進めています。安倍暴走政治にストップをかけるために力を合わせましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

わたしの好きな言葉

わたしの好きな言葉を紹介します。
「石の上にも三年」ありふれた言葉ですが、自分のありようを一番体現している言葉で気に入っています。
辞書によると「つらいことでも長い間辛抱すれば、いいことがある」という意味です。
しかし、わたしは「どのような事でも、三年がんばれば、一通りのことができるようになる」と勝手に解釈して使っています。
若いときに、あきやすい性格であったわたしに先輩からいわれたこの言葉が自分に重くのしかかり、つらいときには「辛抱、辛抱」と言い聞かせてここまできました。

ただ、議員になってからは「石の上にも三年」という言葉は通じないことを知りました。
三年ぐらいで覚えられるような仕事ではないからです。
そこで最近は「イス(議席)の上にも三期(12年)」と自分勝手に、みなさんに公言しています。三期12年努めたら議員としては一人前になるのかもしれません。
初心を大事にして、みなさんの期待にもこたえられる議員となるよう精進したいと思います。がんばります。

カテゴリー: 私の部屋 | 1件のコメント