6月26日(火)最終本会議 意見書など採択

6月26日(火)午前10時から本会議が開催されました。
市長から提案のあった各議案が全会一致で可決されました。

また、6月5日(火)に開催された議会運営委員会に日本共産党堺市議会議員団が提出していました意見書(案)の内

「 国民健康保険財政調整交付金削減のペナルティーの全面的廃止と子ども医療費無料の制度化を求める意見書(案) 」について他会派との案文調整の上、「国民健康保険国庫負担金等の減額措置の全面的廃止を求める意見書」として全会一致で可決されました。
尚、同意見書は、本会議では、公明党堺市議団も提案会派となりました。

「憲法第9条改定に反対し、憲法をいかす政治を求める意見書」
は、共産党の他長谷川議員も提案議員となりましたが、維新・公明・自民また、ソレイユの一部の反対で否決されました。

意見書の全文は、下記をクリックしてご覧ください。

国民健康保険国庫負担金等の減額措置の全面的廃止を求める意見書

憲法第9条改定に反対し、憲法をいかす政治を求める意見書

また、この日の意見書について採決にあたっての各会派・議員の賛否は以下の通りです。

カテゴリー: 市議会速報, 意見書 パーマリンク