統一協会イベント 堺市が後援など 石本議員が追求 8/31 本会議

統一協会 堺市が公園使用許可・イベント後援 石本議員が追及

本会議 石本議員質問 8月31日

質問する石本議員
=8月31日 本会議

 堺市は「世界平和統一家庭連合 堺支部」の名義で「純潔ラリー&マーチ」などのイベントに公園を利用させたことを認めました。今回わかったのは永藤英機氏(大阪維新の会)の市長就任後の2019、20、21年の3事例。日本共産党堺市議団の調査をもとに、石本京子市議団長が8月31日の市議会本会議で追及し、判明しました。

 21年に堺市が統一協会関連団体「ピースロード」を後援していたことをめぐって市側は、今後は後援しないと答弁。一方で、「当時、関連団体が関与しているとの認識なく(後援を)承認したもので、(さかのぼって)取り消すことは考えていない」としました。

 石本氏は「ピースロード」が統一協会の関連団体であることは、市が事前に確認したウェブサイトなどから当時も明白だったと指摘し、永藤市長の認識を追及。永藤氏は、統一協会および関連団体は悪質商法等の問題があり、堺市として関係を持たないという強い意識をもって臨むとのべる一方で、政治家が統一協会に関与することで同会にお墨付きを与え、被害拡大につながることについては明確な答弁を避けました。

(2022年9月2日付「しんぶん赤旗」から転載)

議会の状況は、堺市ホームページからインターネットでの生中継・録画中継(概ね3日後からホームページに掲載)でご覧頂けます。

スマホ・タブレットでもOKです。以下のURLからご覧ください。

http://www.kensakusystem.jp/sakai-vod/plenary/index.html

カテゴリー: 報道記事, 市議会速報   パーマリンク