「新型コロナウイルス対策に関する要望書」を提出

8月5日堺市長に対し、8点に渡る「新型コロナウイルス対策に関する要望書」を提出しました。

内容は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2022年8月5日

堺市長

 永藤 英機 様

新型コロナウイルス対策に関する要望書

日本共産党 堺市議会議員団

代表 石本 京子

 

 大阪府は7月27日に新型コロナウイルス対策本部会議を開催し医療非常事態宣言を発出した。堺市でも過去最高の陽性者数を連日更新しており、感染者を出さない対策を強化することで、医療機関への負担を減らすことが必要である。市民生活も感染拡大と物価高騰で大きな影響を受けており、生活困窮者に対する支援が必要と考える。日本共産党は現状を打開し市民の命、暮らしを守ることを優先した運営を求める立場から、下記の点について要望する。

 

  1.  保健所の体制確保(常勤の看護師・保健師)を行うこと。
  2.  自宅療養者に医療が行き届くよう体制を拡充すること。
  3.  自宅療養者に即日物資が届くよう体制を確保すること。
  4.  堺市独自にPCR検査センターを開設し、誰もが検査を受けられる体制を整えること。高齢者施設等に実施している定期検査を学校園や保育施設などにも拡充すること。そのためにも、検査キットを必要分確保すること。
  5.  高齢者・障害者施設などでクラスターが発生した場合、必要に応じて財政的な支援を行うこと。
  6.  保育施設などが必要な感染対策を取れるよう、人員確保を含め支援を行うこと。
  7.  ひとり親家庭、低所得・非課税世帯など生活困窮者への支援を行うこと。
    • 食糧支援に取り組むこと。
    • 猛暑に対する取り組みとして、夏場だけでも水道・光熱費補助を行うこと。
    • 買い物代行やネットスーパーを利用せざるを得ない場合の補助を行うこと。
  8.  物価高の影響を考慮して就学援助の所得基準を引き上げること。保育施設等への水道・光熱費や給食費などの補助を行うこと。
カテゴリー: 市議会速報, 要望書   パーマリンク