自宅を手放さずに借金の整理ができないか?

Q:自宅を手放さずに借金の整理ができないか?

          ~~「個人再生手続き」について

堺総合法律事務所 弁護士 井上耕史

 
Q:
サラリーマンですが,借金が膨らんで返済が難しくなりました。借金の整理をしたいのですが,破産すると自宅を取られると聞きました。何とか自宅を手放さずに整理できませんか?
A:
どんな資産と負債をお持ちなのか教えてください。


Q:
一軒家の土地建物がありますが,住宅ローンの残債務が2000万円あります。いま土地建物を売却しても1500万円くらいなので,オーバーローンです。ほかにはこれといった資産はありません。住宅ローン以外の無担保の負債が5社で800万円あります。
A:
それなら個人再生手続があります。裁判所の手続を通して,原則として負債額の5分の1を3年間で分割返済して,残りの負債を免除してもらう方法です。住宅ローンについては,住宅ローンの特則を使えば住宅を失わずに済みますが,住宅ローンは全額支払う必要があります。その他の無担保の負債は5分の1になります。


Q:
それなら返済できるのでお願いしたいです。ところで,寿司屋をやっている私の兄も借金の整理を考えていて,自宅兼店舗を取られない方法がないか,と言っているのですが。
A:
お兄さんの場合は,住宅ローンではないので住宅ローンの特則を使うことができません。ただし,営業上必要不可欠な物件の場合,債権者との交渉によって自宅兼店舗を残すことが可能な場合がありますので,一度相談してみてください。


個人再生手続は,再生計画案の作成や債権者との交渉など複雑な作業が必要ですので,弁護士と相談の上,依頼されることをお勧めします。
 

カテゴリー: 無料法律相談   パーマリンク